医者

睡眠クリニックで行うこと

寝ている女性

どんな病気であっても放置することはよくありません。睡眠時無呼吸症候群も放置すると心筋梗塞などの病気になるリスクが高くなるでしょう。そのため、詳細に検査を受けたいのであれば、睡眠クリニックへ行き調べてもらうといいです。細かい検査と栄養指導を行っています。

Read More..>>

膠原病とその診断

診察

膠原病は初期症状に気づきにくく、その種類のも多いことから早期の診断や治療法の決定が難しい病気です。治療によって引き起こされる感染症や悪性腫瘍なども問題となっています。近年、「免疫沈降」で自己抗体を測定しその種類を見つけ出すことが可能となり、早期に的確な診断と治療を行えるようになりました。

Read More..>>

早期治療で完治できる

CTスキャン

食道がんは食道にできるがんで高齢者ほど罹患しやすいものです。初期症状に自覚症状がないことから健康診断などで発見されることが多く、放置すると生活に支障が出る病気です。自覚症状がない初期段階では、比較的完治させることも可能になっています。

Read More..>>

再発防止策と予防

死に至る可能性がある脳梗塞の治療方法についてこちらで書かれています。効果的な方法で症状を改善しましょう。

高い再発率

頭痛

脳梗塞の治療は発症直後の治療も重要ですが、一段落した後の治療も重要となります。脳梗塞の再発率は非常に高く、データによれば、1年以内に20人に1人の割合で再発していますので、再発防止の治療も受ける必要があるのです。当然、医師からは再発防止の薬が処方されることになります。と同時に、おそらく生活指導も受けることになります。脳梗塞の危険因子の多くは、日常生活の中にあります。コレステロールや糖分、塩分の多い食事や、インスタント食品、ジャンクフードは危険因子です。また、運動不足も脳梗塞発症に関係していますから、それらを改善することを医師は求めます。脳梗塞は、命を落としかねない恐ろしい病気です。従って、今回、助かったからといって安心するのではなく、再発防止に努めるべきです。

予防に応用

この再発防止策は、当然、予防にも応用できますから、脳梗塞を発症していない人は再発防止策を参考に予防に努めるべきだと言えます。前述した脳梗塞の危険因子となる食事や食品は、極めて日常的なものです。また、現代人は総じて運動不足傾向にあると言えます。つまり、現代は脳梗塞を発症しやすい環境であり、普段通りの生活をしていては、いつ発症しても何ら不思議ではない状況なのです。事実、脳梗塞の発症率は増加傾向にあり、このままでは下がらないであろうと予想されます。脳梗塞の治療は進化していますので、発症しても以前に比べると助かる見込みはあります。しかし、そうであっても依然として、多くのケースで重い後遺症が残ったり、命を落とすこともありますから、予防に努めることが大事であり、そのために生活の改善が必要となるのです。と同時に、定期的に医療機関で検査を受けることも大切です。