医者と看護師

膠原病とその診断

千差万別な症状

診察

熱がある、関節が痛い、疲れやすい、体重が減るなどは誰もが感じたことのある症状ですが、これは膠原病の初期症状でもあります。 日常生活に支障があるほどのものでもなく、症状も少しずつ進んで行くため見逃されてしまうことも多く、ある日突然病院へ運ばれるというケースも珍しくありません。 人の体は、もともと自分の体にないものや病原体が入ってくるとそれを排除しようとするシステム(免疫)が備わっています。このシステムによって病気にならないように自分を守っているのです。しかし、何らかの要因で免疫システムが誤作動を起こし、自分で自分の体を攻撃する事態が起きることがあります。 これが膠原病で「自己免疫疾患」とも呼ばれています。膠原病には、全身性エリテマトーデス、リウマチ、全身性強皮症、皮膚筋炎、シューグレン症候群、クローン病、潰瘍性大腸炎等の様々な種類があり症状も異なります。 関節リウマチは膠原病の中で最も患者数の多い病気で、その数は70から100万人にもなります。膠原病は決して珍しい病気ではないといえるでしょう。

早期に病気のタイプを診断

膠原病は病気の種類の多さと千差万別な症状から診断や治療が難しい病気です。しかし、皮膚や内臓の組織の繊維が増えすぎて固くなる強皮症では急激に症状が悪化する高血圧、皮膚に紫紅色の湿疹が見られる皮膚筋炎では急速進行性間質肺炎などの合併症も起こりうることから、早期の診断と治療が必要です。 近年、膠原病の病気の種類によって血液中に違う種類のタンパク質が存在することが明らかになりました。このタンパク質(自己抗体)を測定することで膠原病の種類を診断することが可能になりました。 その測定方法が「免疫沈降」です。現在、免疫沈降によって膠原病の様々な種類の病気の自己抗体が明らかになり、早期の診断、それに伴う的確な治療方法の選択に利用されています。 RNA免疫沈降、クロマチン免疫沈降などの研究も進み今後様々な分野への応用も期待されています。